MENU

top3.jpg

 

 

『大阪湾の生き物とアマモ』

 

amamo03.jpg

 

amamo02.jpg

 

amamo01.jpg

 

amamo04.jpg

 

 

『アマモの森とアイナメ』下の動画。

 

amamo05.jpg

 

amamo06.jpg

 

amamo07.jpg

 

amamo08.jpg

 

amamo09.jpg

 

amamo10.jpg

 

アマモの森の動画.mp4

↑ぜひ見てね!

 

 

アマモを育てよう!!

 

1.アマモってなに?

アマモは海草、海の草です。岩場のコンブやワカメ(海藻)と違って、

砂地の海底に生えています。アマモがたくさん生えている場所をアマモ場といいます。

 

2.なぜアマモを増やすの?

アマモ場には、たくさんの魚や貝の子どもが大きな魚に食べられないよう、
れ家にして住みついています。
また、大
きな魚はアマモ場を定期的に訪れ、餌を探します。
こうして、アマモ場にはたくさんの生き物が集まるようになります。

ところがそのアマモ場が減少しています。
かつてアマモは瀬戸内海の至る所に生えていましたが、
アマモ場は兵庫県下では赤穂や姫路市白浜海岸等、
数えるほどしか残っていません。

私たち「大阪海さくら」は、このアマモを少しでも増やしたいと考えています。

 

3.どうやってアマモを増やすの?

アマモは、一度海から陸に上がって、再び海に戻った海草ですから、
陸上の植物とほと
んど同じ方法で増えていきます。
竹やシャクヤクと同じように、土中に地下茎をのばし、
その先端部の節目から新しい芽を出します。
また、春先に花が咲き、できた種が海底に落ち、冬に発芽します。

このため、自然に生えているアマモから種を取り、苗まで育て、
その苗を新しくアマモ場にしたい場所へ植えていきます。
また、取った種を冷たい所で保管しておき、
秋から冬にかけてアマモ場を作りたい場所に播くこともあります。

 

育苗キット説明書2017.pdf

協賛スポンサー

画像の説明

senko

協力団体・ショップ

特定非営利活動法人 アマモ種子バンク

NPO法人CAN(環境教育技術振興会)

大阪コミュニケーションアート専門学校ECO

SDGs

senko